• トップ /
  • 妊娠したら病院はどこを選ぶ?

妊娠してからの病院選びについて

妊娠したら病院はどこを選ぶ?

妊娠したら早めに決めておこう

妊娠すると妊婦健診や出産のため、病院選びはとても重要になります。しかし、場所によってかかる費用は全く異なるので選ぶときは注意が必要です。一般的に妊婦健診にかかる自己負担金は各種検査くらいです。検診では自治体等から健診の切符が発行されますので、自己負担はほとんどないといえます。金額にすると平均10回以上の健診が必要で合計は10万円以上になります。病院は妊娠してから通う回数が多くなるので近い方が体的にも金銭的にも良いでしょう。通うためにかかる交通費の費用も抑えることができます。妊娠中は思うように動けなくなることも考慮しなくてはなりません。また、出産にかかる費用は健康保険から子ども1人につき、出産育児一時金として42万円が支給されます。42万円かからなかった場合は差額が戻ってきます。しかし、42万円を超えてしまうと超過分は自己負担となり支払うことになります。助産院で約20万円~40万円、総合病院で出産すると約35万円~45万円なのに対し、個人病院では約40万円~60万円で中には100万円以上かかることもあります。エステやカフェ等設備が整っていることが多く、基本的には完全個室になるため費用がかかります。妊娠ライフを充実させるためにも病院選びは重要といえます。

バックナンバー

妊娠の基礎情報

↑PAGE TOP